ディア・ドクター

西川美和、2009。どうも西川美和は説明的であり、余計な映像が多すぎる。余計な台詞が多すぎる。商業映画なら仕方ないのか。だったら西川は説明が下手だ。この映画は八千草薫の死なせ方のストーリーで、ニセ町医者鶴瓶と娘の医師井川遥の八千草薫の死に至る生を見つめる対比、ここにメインテーマを見出したのであるが、井川はそれを刑事にしゃべっている。説明的だ。あとはものすごく平凡な脚本である。85点