愛しのタチアナ

アキ・カウリスマキ、1994。良作。カウリスマキワールド全開の小品。駄目な男たちのロードムービー。予告編を見たときは実験的作品だと思った。このころのユーロスペースの予告編は相当に質が悪い。カウリスマキとティモ・サルミネンとカティ・オウティネンが揃えば駄作を作る方が難しい。オウティネンがカメラで撮るのが凄く良かった。英題が良い。