シン・シティ

フランク・ミラー、 ロバート・ロドリゲス、 クエンティン・タランティーノ、2005。良作。苦手な人たちの映画だが、フランク・ミュラーの原作を忠実に再現しているから、無駄なお遊びを相当排除し て、ストイックな作品に仕上がっていて、ハードボイルドな匂いがする佳作。映画なんて一人の女に恋をすれば傑作であり、ジェシカ・アルバに恋をしたので傑作。人が沢山出てきたので人物設定がよく分からなかった。大して良くは無い。見るべきところはある。