殺しの烙印

鈴木清順、1967。良作。ディテールは最高。歪な映画。説明不足。説明不足を逆手に取れるほどの怪作ではない。凄いのは空間に時間を与えると展開される素晴らしいアート&コメディ。終盤の男同士のコメディは素晴らしい。女優二名のシーンも素晴らしい。細かいアイデアや映像美学がスタイリッシュ。マニエリスム的美学はさすが。大和屋竺の映画みたいな印象。