セブンス・コンチネント

ミヒャエル・ハネケ、1989。秀作。ハネケ初作。実話を元にしたある家族の崩壊のお話。メッ セージと、撮影方法なんか、かなり分かりやすいので割愛。日常のルーティーンに生命力が無く、破滅へと向かう行為にもまた生命力のないルーティーンってのに絶望的リアルを感じた。アメリカンニューシネマ気分的リアルな破滅よりはリアル。女の子がとっても可愛かった。でもアフレコだな多分。アフレコはもっと上手にやらないとキツい。