ゆれる

西川美和、2006。凡作。期待はずれ。テーマの根幹は相変わらず物凄い力。でも脚本がガッタガタ。下手糞。説明と演技大会に終始して終了。法廷劇になっ ちゃった。脚本が低下して、更に、成長を期待していた他の部分も停滞。高瀬比呂志の暗く湿った映像は好みではない。今後商業をやる監督になる可能性大。となれば興味なし。演出力がないと商業は出来ない。女がほとんど出てこない映画。井筒あたりに撮って欲しかった。