エロス+虐殺

吉田喜重、1970。良作。時代の遺物的ダサダサ感が痛い。時間の長さが犯罪的。演出美学が狂気的。これからはシーン単位で吉田喜重短編集として見るようにす る。短編集ならかなりの名作。カット単位でも凄い。岡田茉莉子が細川俊之を刺す?カット。天井から。素晴らしい。次のカットも良かった多分。日本家屋移動撮影。原田大二郎の十字架シーンも素晴らしい。インテリな野心家って疲れる。