キートンの大列車追跡

バスター・キートン、クライド・ブラックマン、1926。傑作。スペクタクル。久々サイレントを見たら、今まで音声に説明を求めすぎていたことが分かった。原初的イマージュ&モンタージュを久々体験し感動。ヌーヴェルヴァーグ前くらいまでの映画は、オーソドックスな映像編集マジックが多々見られ、やはりルーツ映画として堪能できるくらいの見る力を養いたい。画づらばかり気になって、画から意味を見出すのが苦手。サイレントもっと見る。