71 フラグメンツ

ミヒャエル・ハネケ、1994。佳作。疲れる映画。ハネケ最初から見ようと思って3作品で挫折。娯楽映画だが親切な映画ではない。スタイルも飽きてくる。DVDには毎度監督のインタビューが入っていて、すごく邪魔。