夫婦善哉

豊田四郎、1955。良作。じめじめしていないところが素晴らしい。東宝調の明暗は見ていると眠くなる。この映画における主演の二人は、日本映画史に残るヒーロー、ヒロインであると思う。