州議会

フレデリック・ワイズマン、2006。凡作。字幕が多すぎて読むのをやめた。半分くらい見て帰った。殆ど全ての語りは、議会とか委員会で、あまりにも興味が無さ過ぎた。どうもワイズマンのスタイルにしか興味がないみたい。アテネフランセって見る環境として最悪。