戯夢人生

ホウ・シャオシェン、1993。傑作。台湾史作の一つ。「悲情城市」を期待して見たから肩透かし。「悲情城市」 の高揚感、大仰な芸術性は皆無で、ホウ・シャオシェンの他作品と同様な感じ。リー・ピンビンの素晴らしさを堪能。自然撮りの色調は完全にユニークな個性。 フィックスの画でもカメラをフィックスさせているのは多分パン棒を握るリー・ピンビンの手であり、故にとっても柔軟。目が離せない。煙草のシーンは素敵すぎ。