WiLd LIFe

青山真治、1997。良作。内容がイマイチよく分からない。ヌーヴェルヴァーグのフィルムノワールに対するアプローチを引き継いでいてとてもシネフィルぽくて良い。カットの始まりのカメラの動きがうっとおし気味。