式日

庵野秀明、2000。しみったれた映画。総じて美的センスが合わない。ビルの美術がとても嫌いだった。藤谷文子の衣装も嫌い。でも藤谷文子は良かった。クソ長い映画なのに印象的なシーンが無かった。大竹しのぶの長めのカットなんて重要なシーンのはずなのにあくびが出た。あと何だあのナレーションは。醜悪。特典映像に短編映像が 入っていたけどそっちの方がよっぽど良かった。庵野は長編映画作る能力無いなやっぱり。それとも僕に庵野の長編映画を見る能力が無いか。初見の印象を覆せず。