失楽園

森田芳光、1997。駄作。R-40指定。内容が無い。内容が無い上に、演出もかなり抑制効かせている。見方が分からない。大正時代の性描写革命を高らかに謳い上げるような脚本。原作相当古いのだろうか。性描写にかなり保守的な、映画という媒体の愚かさを露呈。性描写映画。愚か。所々遊んでいるようなカメラワークあり、これは試し撮りをしている感じ。愚か。黒木瞳は素敵だったが、カラダ以外はもう知ってた素敵さ。