竜馬暗殺

黒木和雄、1974。佳作。学生映画並みに雑な映画なのに2時間もあるから長すぎる。モロに現代の感覚でやっているのが面白い。コントラストのキツいモノクロで田村が手持ちで追うとかなりこわい。ドラマってのはカメラが無いのだが、この映画は確実にカメラがある。 ATGって陰鬱になる。