スウィート・スウィートバック

メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ、1971。駄作。とても眠くなる映画で、全て見るのに3日かかった。カット割が嫌がらせのように見づらい。編集で無理やり作っている映画だと思うのだが、それを90分以上見せるのは、前衛映画でもない限り無理がある。