(500)日のサマー

マーク・ウェブ、2009。僕はズーイー・デシャネルが大好きで、She & Himでズーイー・デシャネル知ったんだけど、映画で見たことなくて、これは主演だから是非見てみようと思って見た。ズーイー・デシャネルはすごく素敵だったなあ。男性の描く女性観の極致という感じ。この映画の素晴らしいところはテンポがいいこと。ミュージカル風になったり、ちょっと遊びを入れているんだけど、サクサク進んでいくから気にならない。音楽の入れ方もテンポの良さを感じた。あとアクシデントが無いのもいいね。誰かが死んだり、誰かに何か秘密があったり、そういうのは全然なく、純然たる恋愛映画として成り立っている。500日を分断してシーンがメイクされているんだけど、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの心理的変化は激しいのに、ズーイー・デシャネルはいつも近づいては離れ、変化がない。絶望的な恋物語をここまでポップに描ききる手腕は大したもんだと思う。クロエ・グレース・モレッツがキック・アスな感じで出ていた。