ウソから始まる恋と仕事の成功術

リッキー・ジャーヴェイス、マシュー・ロビンソン、2009。この映画はウソの概念が存在しない世界でウソを覚えたリッキー・ジャーヴェイスが成功と挫折を味わうコメディ作品。最近は、映画レベルの高い『ハングオーバー』を見たりしたから、この映画は無駄な時間が多すぎるし、脚本は穴だらけだし、カメラは締まりが無いし、カット割も考えられているとは言いがたい。やっぱりコメディ映画なのに一度も笑えなかったし、一度も泣けなかったのは致命的だったね。コメディ映画によくある監督が主演の映画なんだけれど、その良さは生きていなかったかなあ。この映画は日本では劇場未公開だし、DVD化もされていない。まあその程度の作品ということだね。