ラスト・ソング

ジュリー・アン・ロビンソン、2010。マイリー・サイラス主演。マイリー・サイラスと言えば普通は「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」の人気アイドルとか、ゴシップ系のセレブのイメージが強いけど、僕は彼女を歌手として知った。とてもアメリカ的な歌い手で、将来有望な若手が登場したと思ったらアイドルだったというわけで、映画を見た。この映画は107分とは思えないほどいろいろ詰め込みすぎだと思う。バカンスで分かれた親父のところへ行き、恋をして、親父がガンで倒れて死んでいく話し。マイリー・サイラスは演技下手なのか上手なのか、男に抱きつく演技とか男絡みの演技がとても可愛かった。恥ずかしがっているのが可愛いのか、本当に演技が上手いのか分からなかった。その男とも親父のガンがきっかけで離ればなれに。そして再会して最高のハッピーエンドで終わる。これが当たり前のことなんだけど、脚本があちこち行っちゃうから、はっぴいえんどに終わるのか凄く不安だった。マイリー・サイラスには幸せになってもらいたかったんだなあ。結果的にこの映画はマイリー・サイラスinラスト・ソングでも良いような映画なんだけど、マイリーにいろんなことがありすぎる。万引き犯にされるシーンとかあの辺の嫌な奴絡みのシーンはバッサリ削って欲しかった。でもマイリー・サイラスほど歌と演技が出来る人はそんなにいない。その上1992年生まれという若さ。ちょっと私生活が心配だけど才能は申し分ない。