苦役列車

山下敦弘、2012。僕は山下信奉者なんだけど、そもそも山下=山下+向+近藤だと思ってしまっている。特に近藤を山下だと錯覚している。この映画では山下の監督のみ。だから初の商業映画監督作品という捉え方をした。多分向も近藤もいないのって初めてじゃないかなあ。調べていないけど。画面に映る森山未來は、メシ、タバコ、酒で演技をごまかしっぱなし。そして力説するところは文学をかませる。あまり関心しない演出だった。前田敦子はとても良かった。雨とか音楽とかの使い方も心地悪い。後半は別の映画になっているくらい奇妙だった。あとは台詞の録音が良くなくてアフレコ感バリバリ。映像の中で話しているというより、スタジオでマイクに向かって話している光景を想像してしまった。シーンシーンで出来損ないの茶番劇みたいなものがあるけど、あれはいまおかしんじらしくはあるが、これといって好きではない。どうも『どんてん生活』とか『ばかのハコ船』とか『リアリズムの宿』と被るシーンや風景があって、どうしてもその名作群を思い出してしまい、この映画を見た後で一気に見た。ムチャクチャ楽しかった。そしてこの映画をもう一回見返すと、やっぱり職業監督としか思えないし、それにしては、例えば森田芳光のような圧倒的個性が感じられない。職業監督に個性はいらぬと言われればハイそれまでよさようならという感じなのだが。森山未來は最後は犯罪でもして消えるのが良いと思うんだけど、これは原作からなのか脚本からなのか演出からなのか知らないけど、やっぱりダメ人間への愛というのがあって、それは山下映画の殆どに見られる傾向で、最近とても流行っている印象。90点。