レディ・キラーズ

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、2004。どうもダダ滑りの駄作という印象。タイトル通りレディ・キラーズの部分は楽しめるんだけど、その前の強盗シーンは本当に退屈だった。ここであまりの退屈さに挫折しそうになった。得意の音楽の使い方も、ゴスペルにスリラーを合わせてそれをオフビートに処理するなんて、多分コーエン兄弟ファンの思うちょっと高めの敷居を越えられていない。あとはこれも意味があるんだろうけど、トム・ハンクスの演技演技した演技。これは最初っから最後の台詞までとても鼻についた。途中で再生ストップしようと何度思ったことか。そして見終わって思うのは、途中で再生ストップすべきだったということ。85点。