俺たちに明日はないッス

タナダユキ、2008。ロマンポルノへのオマージュなのか知らないけれど、とにかく画質が悪くて、さらにはカメラ動きすぎ。手持ち感をわざと演出するカメラは最低だった。タナダユキは、シーンの展開力というかスピード感のある監督だと思っていたけど、それがこの長回しする見づらいカメラによって、ぶち壊しになっていた。良いシーンが1つだけあって、それが海のシーンなんだけど、オープニングで使っちゃってるから使い回しになっていて残念。本当に撮影は最低だったけど、脚本は悪くはなかったと思う。特に柄本時生による官能小説のナレーションから、シーンがチェンジしていく様は美しかった。あとはシーンの繋ぎをもう少し円滑に進めたり、登場人物の役者を方向付けするような移動シーンをもっと増やしたら、もう少しマトモな映画になったんじゃないかと思う。とにかく丁寧に作られている印象を受けなかった。あとはエンディング曲として銀杏ボーイズが流れてくるんだけど、ただのエンディングテーマじゃなくて映画と関係しちゃっているのがとても恥ずかしかった。90点。