箱入り息子の恋

市井昌秀、2013。見てはいけない映画を見てしまった感じ。100回くらい再生を停止しようとしたけど、停止しなかったことを後悔している。でも停止するとそれはそれで後悔するから結局いつも見ることになる。こういう映画に需要があるのは分かるような気がする。でもそれはすごく遠い世界に住む人々で、僕の住んでいる世界と交わることはない。しかし厄介なのはこういう映画を需要する人々とは交わらなくても、こういう映画とは交わってしまうわけで、これをなるべく回避したいと思っている。しかし今回もこの映画を自ら選んでしまった。この映画、とにかくステレオタイプなキャラクターわんさか出てきて、ステレオタイプな言動行動をとる。古典を扱っているような感じもするんだけど、あらかじめ台詞や行動が分かる映画を見せる難しさをこの映画は理解していないように見えた。つまり超ベタなのにそれに気がついていない。クラッシックをアマチュアが作って痛い目にあっている、その現場を目撃してしまったこっ恥ずかしい感じが延々と続く映画だった。85点。