喧嘩も楽し

青柳信雄、1958。菊田一夫の原作を映画化。ドタバタ人情喜劇。尺も短いし撮り方もサクサクと撮っている感じで、軽劇なんだし見て楽しんでそれで終わりで十分な映画。ミヤコ蝶々と南都雄二はこの年に離婚するらしいんだけど、息の合ったところを見せている。あとは一の宮あつ子の可愛らしさがこの映画に華やかさを与え、柳家金語楼の深みがこの映画に奥行きを与えていた。東宝映画ってあまり出くわさないから一の宮あつ子はちょっと新鮮だった。ラストは金語楼が舞台に上がって、みんな集まってきて、素敵だったなあ。それにしても菊田一夫モノは面白い。90点。