続ちゃっきり金太

青柳信雄、1958。エノケンでもおなじみのちゃっきり金太。銭形警部とルパン三世の時代劇ロードムービーみたいな感じ。これは三木のり平バージョンの続編。正編の『ちゃっきり金太』の続きになっていて、正編見ていなかったのを後悔。この映画、クレジットでもテキトーな位置にいた由利徹がすごかった。西郷泡盛役。由利徹だけフリー演技。特に宿屋で女中になった三木のり平を口説くシーン。全部即興じゃないかと思うほどイカれてた。あとは扇千景がヒロインの映画を初めてみたけど正統派美女という感じで美しかった。この映画はとてつもなく素晴らしいシーンが3つもあって、まずはオープニングで仁丹の歌をバックに行進する三木のり平。そして宿屋での由利徹と三木のり平。あとはラスト。ラストシーンは音楽のみになってサイレント映画みたいになる。そしてラストカットで登場人物たちが1つのフレームに収まって、それぞれ思い思いの動きをする。こんな素晴らしいラストカットはそうそうお目にかかれるものじゃない。それにしても由利徹は凄まじかった。100点。