鍵泥棒のメソッド

内田けんじ、2012。面白いと思う。本当に。でも根本的な問題として、内田けんじの脚本にはデタラメなバカさ加減とか、遊びの部分とかそういうのがまるでない。だから映画が脚本を超えて暴走したりしている感じが見られず、脚本を映像化しているだけどいう印象が非常に大きい。では脚本以外で何が面白かったのかとなると、やっぱり初期より予算が大きくなっているから、キャストやスタッフやロケーションにお金がかけられて、それは良い効果をもたらしていると思う。役者陣は素晴らしかったしスタッフも良い仕事をしている。広末涼子のキャラクターのキャラクターは素敵だった。その広末涼子がオープニング「たいへんよくできました」ってハンコを押すんだけど、この映画はまさに「たいへんよくできました」という印象。マジメな子供が先生に押してもらったりするハンコ同様に、内田けんじの映画もマジメすぎる傾向がある。『ウィークエンド・ブルース』とかにはそのマジメさを補って余りある荒さや勢いがあった。あと希望としては喜劇なんだから年に1本くらいのペースでサクサクと作品を提供して欲しいなあと思った。95点。