ふがいない僕は空を見た

タナダユキ、2012。最初はエロ映画。潜在的ファンが意外と多そうな田畑智子が畳み掛けるような濡れ場を連発。そのエロ映画部門が終わると、次は団地の下層の暮らし。そこから主人公だったはずの永山絢斗が映画から姿を消す。そして主役交代窪田正孝。この団地部門があるからこそのこの映画の評価だと思う。そして群像的というよりも主役交代的に思える脚本も面白い。最初のエロ映画部門はちょっと長かったから端折れなかったかなあと思ったりもする。でも考え方としてはその2部門には一応つながりはあるけれど、部門が別個のものだとするならば、団地部門によってエロ映画部門が侵害される理由はない。この映画の魅力は多分そういうところで、田畑智子とのマンション最上階での魅惑のひとときと、窪田の住む団地最下層の現実。一見理想と現実や日常と非日常に見えるこの対比は、実のところ若気の至りやバカの多様性でしかなく、いろんなバカを散々見せつけて、そこからのバカ賞賛そして生への賛美という素晴らしい構造でこの映画は出来ている。エロ映画部門が長いからバランスがどうこうと言うような感じの映画ではないんだなと思った。タナダユキ作品の中ではダントツで素敵だった。100点。