ペタル ダンス

石川寛、2013。この監督は個人映画のようなスタイルでとても寡作なんだけど何故か予算が乗っかる。何故なのかいまだに分からない。これまでの2本はとても好きな映画だった。この映画はいままでの作品では一番わかりやすいというか普通。最近宮崎あおいのハズレ映画を10本くらい立て続けに引き当てていたから、この映画の宮崎あおいの素敵さは嬉しかった。親心のようにちょっと安心した。その宮崎あおいとタッグを組んだ安藤サクラがこの映画の大ボスであり、宮崎あおいの引き立て役も買って出ている。この映画はくだらないナチュラル台詞使いを多用するために台詞がカクカクしてしまうんだけど、安藤サクラがいなかったらガックンガクンの台詞になっていたと思う。それくらい安藤サクラの存在は必須だった。その堂々たる佇まいを見ているうちに安藤サクラが浅井健一に見えてきた。風で前髪垂れちゃってさあ。100点。