もらとりあむタマ子

山下敦弘、2013。久しぶりに山下向井節が炸裂した映画。僕はもうこういう『どんてん生活』的なカタルシスを、この二人の映画から得るのは無理なのかと思っていた。二人共成長しすぎてしまったと思っていた。だからこんな映画が見られて嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。彼らは原点回帰とブラッシュアップを見事にやってのけた。この映画は演者が皆素晴らしく、中でも康すおんと伊東清矢は素晴らしすぎた。伊東清矢なんて楽しそうに演出する山下の顔が目に浮かぶようだった。そして登場人物すべてが本当にやさしい。徹底的にやさしい。これは脚本のやさしい部分を演出のやさしさで上塗りしているような感じで、初期の山下映画にはよく見られるやさしさだった。ちょっとこの世界観はうまく説明が出来ないけれど、山下向井が唯一無二の存在であることを、まざまざと見せつけられた映画だった。昔の彼女に再会したら一層美しくなっていて、ドキドキしてしまうと同時に、すさまじくショッキングという感じの映画だった。100点。