探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

橋本一、2013。前作を見たからついでに見た。前作で一番良かったのは繁華街のロケーション撮影だった。すでにその風景を見たあとだから当然感動は薄れる。大泉洋が札幌の街を闊歩するだけで感動できたのは前作までだった。前作での松田龍平はものすごくテキトーなキャラクターだったけれど、今作では少し色をつけた感じがした。あとは全体的におちゃらけ具合が増した。でもやっぱり続編を見るほどの映画ではなく、お話はおもしろくないし、メインの女優が豪勢な小雪から地味な尾野真千子になったのも、見てくれとしては退屈だった。主演の二人が良いだけに、シリーズ化するのであれば、監督を変えるなり、撮影を変えるなり、脚本を変えるなり、何かしらの変化が必要だと思う。あとはもっと札幌繁華街撮影をふんだんに盛り込んで、東京が嫉妬するような映画を作ってもらいたい。しかし同じスタッフでシリーズ化するのであれば期待薄かなあと『2』を見て思った。90点。