婚期

吉村公三郎、1961。水木洋子おそるべし。女のドギツい喜劇がサクサクと展開される。それを女性映画の巨人、吉村公三郎が軽妙洒脱に導いていく。そして宮川一夫の撮影はいつ見ても驚嘆してしまう。キャスティングの妙もあるけれど、若尾文子と野添ひとみのキャラクターは面白かった。悪い女なんだけれど、すごく滑稽だった。そして京マチ子も悲劇のヒロイン系統の役なんだけれど、これまた滑稽だった。水木洋子の脚本は、脚本家の書いた脚本という感じで、シーンメイクの妙も素晴らしかった。そのうえオールスター夢の共演という華やかさも相まって、もう見ているだけで幸せだった。若尾文子、野添ひとみ、京マチ子、高峰三枝子、それにババアを怪演した北林谷栄。特に若尾文子の控えめなエロス。若さを野添ひとみが担当していて、高峰三枝子は女を捨てていて、京マチ子は疲労困憊だったから、俄然若尾文子のエロスが浮かび上がってくる。若尾文子が出ずっぱりじゃないところも、メガネをかけているところも、生活感がまるでないところもまた、エロスを助長させるものがあった。しかしやっぱり宮川一夫は断然優雅だったなあ。水木洋子と若尾文子と宮川一夫に惚れ直した。100点。