愛のむきだし

園子温、2008。とにかくすごい映画だった。特に前半のプロローグのテンションが尋常じゃない。4時間の長尺なのにしょっぱなから急ぎまくっている。そして1時間くらいしてタイトルが出たときの驚きとカッコ良さ。それでもまだ映画は疾走しまくる。感動的だったのは満島ひかりのチャプターの始まり方。とにかくいつもヤケクソだった。というモノローグ。バックにゆらゆら帝国が流れて、満島ひかりが家の塀にぶち当たりまくりながら歩いている。こんなカッコいいシーンなんてそうそう見られない。前半は躍動感ありまくりで本当にぶっ飛んでいた。後半は悪くはなかったけれど、さすがに4時間続けて映像を見る習慣がないせいか疲れた。この映画で一番すごいと思ったのは役者へのハードワークの課しっぷり。西島隆弘と満島ひかりはハードワークを見事にこなした。西島隆弘は地味な感じだったから、満島ひかりと怪物安藤サクラに食われるんじゃないかと思って見ていたけれど、独特のクールな存在感が映画に落ち着きを与えていた。満島ひかりが新約聖書を読む、感動的なクローズアップの長台詞は見事だったけれど、そのあとにそれを読み返す西島隆弘の読み方も地味ながら素晴らしかった。あの海のシーンは互いの距離感が微妙に動くのが良かった。ツッコミどころ満載の映画だとは思うけれど、それをものともしない破壊力のある映画だった。100点。