浪花の恋の物語

内田吐夢、1959。どうも脚本が脆弱というか、恋の物語としての説得力に欠ける。原作者である近松門左衛門を登場させるアイデアで、なんとかこの映画は救われたという印象。狂言回し的な役回りを演じる片岡千恵蔵は素敵だった。セットもロケセットも時代劇のドメスティックさ丸出しだった。あとは録音状態の悪さ。劣化した音をいじったのか東映の録音がひどいのかよくわからないけれど、でかい声と小さい声の振り幅が大きすぎてノイズもうるさすぎた。だから映画のなかに入っていけなかった。中村錦之助は他人の金を盗んで遊女を買う小心者の悪党に見えてしまった。これは有馬稲子との愛の成り立ちを描けていないからだと思う。有馬稲子がズルズルと引きずられる役だから、引きずる方にもっとパワーが必要だった。最初から最後まで悲劇で、登場人物には生命感がない。だから脇役なのに東野英治郎のバイタリティが目立ちすぎてしまっていた。舞踊と人形浄瑠璃は良かったけれど、人形浄瑠璃は後ろを向いて演じてほしくはなかった。カメラが舞台の後ろにいて、観客がいるのにカメラを向いて演技をさせるというのは、かなりアバンギャルドだと思う。でもそこに野心はあまり感じられず、撮影を工夫した結果そうなっただけにしか見えなかった。90点。