川の底からこんにちは

石井裕也、2009。映画を撮ろうという意気込みが伝わる。もうそれだけで素敵。人間の愚かさを面白がる映画。そんな映画を撮る変態監督といえば、今村昌平の名前が真っ先にあがる。今村の名が出るくらいに、この映画には映画のにおいがする。適度にモダンなゲテモノ食い映画。満島ひかりは尻から糞をバキュームで吸い取る都会から、糞尿を肥やしにする田舎へと移動する。描き方は本当にサックリとやる。今村みたいにギトギトしておらずカロリーは控えめ。糞尿をまき散らし、遺骨もまき散らす。そこを同列にするのがいい。色情まみれの変態田舎町も描き方はあっさり系。しかしやっぱり満島ひかり。顔をよく見るとそれほど美人とは思えない。でも画になるし美人に見える。あとはスイッチオンできるのがいい。この映画でも満島のスイッチオンによって、なかば強引に脚本を持っていってる部分が多々あった。マザーレスというのもこの映画の重要な文脈だと思うけど、最後に満島ひかりは母になり母たちを見つける。ベタだけど素敵すぎる流れ。そして親父の遺骨を旦那にぶちまけるこれ重要。あとは満島が死に際の親父に「もっとがんばろうよ」と言うのも素敵だった。これが他で使われる「がんばろう」の意味合いを明確化している。父と子の家族の再生物語、母なき子が母を見つけて母となる物語。でもそこに重さはないし軽薄さもない。100点。