斬る

三隅研次、1962。この映画は71分と異常に短い。だからオープニングから脚本が飛ばしまくる。情感も何もあったもんじゃない。しかし音と映像の交錯がスゴい。無音の使い方、ラスト屋敷のショットの羅列は驚いた。市川雷蔵は、市川雷蔵頼みの映画が多数存在するが、この映画はそんなこともなく、映画自体が時間を引っ張っていた。撮影と録音、大事だなあと再認識した。時代劇ならではの人物描写やストーリーだが、この映画のスパンスパンという歯切れのいい感じを現代劇で見てみたいと思った。95点。