桐島、部活やめるってよ

吉田大八、2012。二度目の拝見。近藤龍人のカメラ。アングルの見せ方が巧みで、不安定さ、不安感を煽る。あとは二度見る映画ではないという印象。この映画は先を見たくなる映画だから、先を知っている二度見には向かない。一度目はかなり釘づけになって見た記憶があるが、二度目はあんまりおもしろくなかった。単純にスゴいと思ったのは、キスシーンと屋上のハイライトくらい。それ以外はどうにもくだらない。桐島の不在からのパニックというのが、不自然すぎて面食らってしまった。野球部のキャプテンはキャラクターがあっていいけれど、バレー部の桐島の代役は説教臭い役になってしまっている。美人女優を見るのは映画の最大の楽しみだけど、この映画は美人女優がいるのに登場時間が短かすぎた。95点。