わたし出すわ

森田芳光、2009。謎多き作品。でも脚本的な謎はわざと放置している感じ。森田芳光は監督としてはもっと謎。この映画も森田らしいぎょっとするような演出はあるけれど、ほとんどは凡庸に見えた。森田は安定感がなく、傑作なのか駄作なのか見ていてわからないからそれもまた面白い。森田って例えば黒沢清や是枝みたいな最低限のレベルにまで持っていくような安定性がない。それでいて職業監督的にさらりとやったり、突然名作誕生させたり、見ていて本当にワクワクさせられる監督だった。この映画は役者が地味過ぎる。小雪はパーフェクトだった。小澤征悦は演技が下手だと思った。あとこの映画の脱臼したようなオフビート感は狙ったのかどうかすらわからない。書籍が読みたいね森田関連のを洗いざらい。90点。