DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

高橋栄樹、2012。見なきゃよかった。前作とまるで違うからびっくりした。前作も決して面白くはなかったが、映画としての体裁が整えてあって、今作は映画として支離滅裂で無茶苦茶だった。やるならやる、やらないならやらない、といった判断基準が不明瞭でうんざりした。ナレーション、独白、字幕の扱いは特にひどかった。あとは前半部分の選挙。あれが何を意味するのかまったくわからない。前作でも選挙は扱っていたような気がする。つまり前作は知らない人視点でなんとか作られていたから、こちらも映画に寄り添えたが、今作は知らない人視点で作られていないからサーッと引いてしまった。ファン向けDVDの付録DVDという感じ。興味のないAKBについつい惹かれてしまった、というような映画を作って欲しかった。85点。