パーマネント野ばら

吉田大八、2010。スゲー面白い。僕は夏木マリの出ている映画はすべて嫌いなのだが、夏木マリは嫌いなままなのだが、夏木マリの出ている映画をはじめて好きになることができた。この映画は『バーバー吉野』とか、そっち系の映画だとずっと思っていたが、多分まるっきり違った。久しぶりに映画らしい映画を見て感動している。昨日は『のんちゃんのり弁』なんていう映画を見て、自分の見方が悪いのかと凹んでいたが、あんなのクソ映画だと、この映画を見た今なら自信を持って言える。しかし近藤龍人の撮影ってなんなんだ一体。映画が始まってすぐに近藤だと分かる。特別なことしている訳でもないのに。宮川一夫をそれと分かるのとは訳が違う。あと脚本と映像演出の素晴らしさたるや、あと菅野美穂はじめ、役者陣の素晴らしさたるや、文字に起こしていたらきりがないからやめる。100点。