あん

河瀬直美、2015。古めかしいベッタベタなストーリーを、よくぞここまでさらりとベタつかない映画にしたなあという印象。昨今、動物化、キャラクターグッズ化が激しい樹木希林は言うに及ばず、自然や人の捉え方が違ってとてもよかった。樹木希林は演技を見るというよりは、動物観察という境地にいると感じた。今まで見た河瀬直美って良くも悪くもどこかで大衆映画から逸脱するんだけど、この映画は大衆映画のまま終わった。でもエンタメムービーではないから退屈したりもしたが、美しい映画でよかったよかった。100点。