教授のおかしな妄想殺人

ウディ・アレン、2015。エマ・ストーンの美貌に心奪われ、字幕なんて見るのがもったいなくって、ずっとエマ・ストーンを見ていた。出ずっぱりだったし、脚も出ずっぱりだったし、たまらなかった。でも内容は大体分かるってのがウディ・アレンの許容範囲の広さ。テロリスト誕生!っていうような映画で、ミステリーだし、下手すりゃドキドキハラハラ映画になるところ、そこはさすがウディ・アレン。軽妙な映画でありながら深みがある作品になっていた。ダリウス・コンジの暖色系の色使いと、ラムゼイ・ルイスの曲調が、ウディ・アレン的オールドスクールな安心感を生み出していた。95点。