蛇にピアス

蜷川幸雄、2008。吉高由里子が出てるから見て、そしたらおっぱいまで見れちゃって、こりゃお得だとなるはずなのに、全然ならなかった。この脚本がどこをどう間違えれば面白くなるのかわからなかったし、演出も愚かだった。鏡の演出とか古臭いし、幼稚なセックス描写は耽美的な作風とは乖離している。吉高由里子もまだ演技にムラがあり見ていてキツい。吉高由里子の幼稚でややインテリなモノローグも意味不明だった。最低クラスの映画。吉高由里子ファンが、おっぱいまで見させてもらって、サイテーだと思うんだから、映画ファンとしては非常に悲しかった。泣きたくなる思いを抱きつつ、おっぱいをエンドレスリピート再生。90点。