この愛のために撃て

フレッド・カヴァイエ、2010。とにかく尺の短い映画が見たくて、これは82分だったからちょうどよかった。フレンチ日常映画だと思ったらサスペンスしまくり映画だった。しかし飽きることがまったくなくてそのあたりは脚本と演出の妙をかなり感じた。ミレーユ・ペリエ!とクレール・ペロは登場シーンは少ないながらとてもキャラクターが立っていて素敵だった。95点。