クリーピー 偽りの隣人

黒沢清、2016。香川照之は終始怖くなかった。序盤の竹内結子がすごく怖くて、犬がまたすごく怖かった。で、それが狙いなのかどうかもわからなくて、見ていて戸惑った。ラストシーンはすごくキャラクター別状況説明という感じでよくなかった。脚本に難があると思ったけど、なんとか最後まで飽きずに見ることはできた。やはいりジャンル物というか非日常物にはあまり興味がない。90点。