五線譜のラブレター DE-LOVELY

アーウィン・ウィンクラー、2004。コール・ポーターの伝記映画。豪華なメンツが登場してコール・ポーターを歌う。それだけで嬉しくなってしまうが、映画も前半は素晴らしい。生き生きと躍動するシーンが満載で見ていて飽きることがない。でも後半はそういうシーンも減り、死臭が漂いまくってつまらなくなった。問題はドラマが未熟なせいだと思う。それを歌や踊りや劇中劇形式で補っている。コール・ポーター好きのための映画という感じがしてしまったのは残念。95点。