アイアムアヒーロー

佐藤信介、2015。ゾンビ映画。前半はまずまずで、ショッピングモールが舞台となる中盤以降はイマイチ。大泉洋がヒーローになる最初に撃つところはカッコよかった。それ以外に良い部分がなかった。特に嫌悪感があったのがショッピングモールでの権力闘争。特に吉沢悠のキャラクター。ありがちだからしっかり描かなきゃいけないのにズボラ。ショッピングモールのシーンは頭のなかが疑問符でいっぱいだった。そしてラスト、自動車の中、画がよくない。悪い意味で問題作なのは間違いないが、ヒーロー物としてはそれなりに楽しめた。90点。