ワイルド・アット・ハート

デヴィッド・リンチ、1990。僕はこの映画のラストを、映画史に残る名シーンだと記憶にとどめていた。で、25年ぶりに見直したらちょっと記憶と違っていて残念だった。ニコラス・ケイジがクルマの上を走ってローラ・ダーンのところへ行き、クルマの上で歌うんだけど、歌う後ろに大量の車が映っていない。単なる別撮りで車なんて存在の気配すらないまま終わる。車が映っていたらどんなにか良かったのに思った。でもニコラス・ケイジとローラ・ダーンのバカップルはかなりカッコよかった。ローラ・ダーンのセクシー演出のバカらしさは最高だった。95点。