サン・ロレンツォの夜

パオロ・タヴィアーニ、ヴィットリオ・タヴィアーニ、1982。婚礼前のオープニングシーンから素晴らしかった。そして老若男女がトスカーナの自然に放たれる。映画の外見からして美しい。その老若男女がまたいい働きを見せていた。恋あり愛あり殺しあり。やっぱり陽光の下、カラフルな服を着て集団行動ってのは、ブニュエル的な魅力があって好きだった。イタリア人の顔の区別がつかなくて、群像劇がわかりづらかったのは悔やまれた。100点。