ヤング・アダルト・ニューヨーク

ノア・バームバック、2014。クソサブカル映画。ノア・バームバックって本当にハイセンスな界隈にいるセンスのない人って感じがにじみ出る作品を撮る。『フランシス・ハ』に関しては、僕はグレタ・ガーウィグのアクション映画としてとらえていて、それは評価している。しかし今回の主演ベン・スティラーは思考回路も行動論理もまったくわからなかった。アダム・ドライヴァーは凡庸な変人という感じが伝わったが、ナオミ・ワッツは生かしきれていなかったし、アマンダ・サイフリッドに至ってはいなくてもよかった。ファッキンブルックリン、ファッキンオシャレカルチャーという感じのクソ映画。85点。